経験に基づいた、高度な専門医療をご提供。東京都新宿区 左門町皮膚科

新宿区,左門町皮膚科,院長,西川武二先生の写真

 院 長 : 西川 武二 (にしかわ たけじ)

プロフィール
昭和39年 3月慶應義塾大学医学部 卒業
昭和46年 9月ロンドン大学に留学
昭和48年 4月慶應義塾大学医学部皮膚科 専任講師
昭和57年10月慶應義塾大学医学部皮膚科 教授
平成17年 4月慶應義塾大学 名誉教授
平成17年 5月左門町皮膚科開設
所属学会・資格
日本皮膚科学会(認定専門医)日本臨床皮膚科医会
日本医真菌学会(医真菌専門医)、他
新宿区,左門町皮膚科,副院長,松尾聿朗先生の写真

 副 院 長 : 松尾 聿朗 (まつお いつろう)

プロフィール
昭和40年 3月慶應義塾大学医学部 卒業
昭和44年 4月米国ジョージア医科大学に留学
昭和48年 4月慶應義塾大学医学部皮膚科 専任講師
昭和53年 4月東海大学医学部皮膚科 助教授
平成 8年10月帝京大学医学部市原病院皮膚科 教授
平成17年 5月左門町皮膚科参画
所属学会・資格
日本皮膚科学会(認定専門医)日本臨床皮膚科医会
日本乾癬学会日本光医学・光生物学会
新宿区,左門町皮膚科よりのご挨拶タイトル画像

われわれ二人は共に慶応義塾大学医学部を卒業後、職場は異なるものの大学病院で教育、研究、診療に約40年間従事してきました。
この間、二人が専門とした皮膚疾患は真菌症(水虫、ほか)、光線過敏症(日焼け、など)、乾癬、膠原病、自己免疫性水疱症などがあります。 これらの疾患の多くは慢性の経過をとり治療に難渋するものが多く、長期にわたる経過観察が時には必要になります。 今回、二人が共に大学の定年を迎えたことから、これらの疾患も含めた患者様に対して、 今までの経験に基づいたきめ細かな医療を行いたいと思っております。